偽物UGGの見分け方-ネットで購入前に見分ける

オークションサイトでUGGを買う前に

現在ネット上にはUGGブーツの偽物が大量に出回っています。写真も説明もさまざまで、何が本当なのか分からない…という方も少なくないかと思います。実物を見ることができない以上、どうしても事前にアグ偽物を100%断定することはできませんが、せめて偽物の疑いが強い商品に安易に手を出さないよう基本的なことは知っておきたいものです。
まずは出品者の評価の確認を

オークションサイトで商品を選ぶときには、まず出品者の評価を確認するようにしましょう。 Yahoo!オークションでは「非常に悪い/悪い/どちらでもない」を、楽天オークションでは「悪い/普通」を絞り込み表示してすべてのやり取りを確認します。

もちろん出品者に非のないケースもありますが、商品の品質に関するクレームが複数件ある場合はやはり問題です。悪い評価というのは、多少不満があっても報復評価を嫌がって簡単には入れないものですので、例え数件でも重視するようにしましょう。そして、出品者が発生した問題に対して誠意ある対応をしたかどうかも併せて確認しておきます。また、取引の内訳を見て落札での評価が多くあるようならば、アグ偽物業者の可能性は低いと考えてもいいと思います。
画像や説明文は信用しすぎない

オークションサイトで出品者の評価と並んで重要な判断基準となるのは画像と説明文ですが、これは盗用や虚偽の記載がいくらでもできるので、あまり信用せずに矛盾や問題点がないかをよく確認しましょう。画像については、それが実物を撮った写真ではなく、どこかのホームページから取ってきたような、きれいに加工された画像である場合には敬遠した方がよいと思います。

また説明文ですが、わざわざ偽物を「これは偽物です」といって売る人はいませんので、「100%本物」、「間違いなく正規品」とあってもそれは判断の基準にはなりません。その他の内容も基本的にはいくらでも作ることができますので信用できないのですが、日本語の誤用や程度のひどい誤字脱字がある場合には海外の偽物業者の可能性がありますので、購入は控えたいところです。
発送元中国は避けた方が無難

出品物の中には海外から商品が送られてくるものがあります。その中でも特に注意が必要なのは発送元が中国の場合です。なぜなら、現在中国には堂々とUGGの偽物をネットで販売したり、ドロップシッピングを請け負ったりしているような工場が多数あるからです。海外から来日した個人や業者が、日本のネットショップやオークションを通じて集めた注文を直接現地の偽物工場に渡し、そこから商品を直送するケースがありますので、偏見ではなく実際問題として発送元が中国の商品は避けた方が無難だと思います。

では、国内発送なら安心かというと実はそうでもなく、一度日本国内の住所に届けて、そこから再度買い手に届けている場合もあります。こうなると見分けるのは難しいですが、「在庫切れの場合は海外の営業所から発送」といった但し書きがあるものは避けた方がいいと思います。

また、最近は一部にアメリカ発送の偽物もあるそうです。偽物も生産地はほとんどが中国ですので、事前に一度アメリカに送っているんですね。本当にわざわざそんなことするの?と思われるかもしれませんが、UGGアグは日本だけではなく中国や韓国、ヨーロッパでも人気がありますし、最近は中国発送が危ないことをみんな分かってきていますので、一部の業者はコストをかけてでもアメリカ発送を売りにしようとしているのだと思います。UGG偽物業者の間でも競争があるということですね。
入札偽装や低価格に要注意。基本は「返品OK」

また、入札数が多くて注目度が高い商品は信用できると思われがちですが、それも演出されている場合があります。複数IDによる価格や入札数の吊り上げ(履歴を見ると少額ずつこまかに入札が繰り返されています)がよく行われていますので、単にみんなが入れているから、という理由での入札は避けた方が賢明です。それに別のページでも説明していますが、基本的に低価格の商品ほどリスクが高くなります。

以上のような点をすべてチェックしたあとは、「返品OK」の出品者から買うというのが、当たり前ですが大事な対策になるかと思います。いろいろと大変ですが、せっかくのお買い物で失敗しないためにも、ネットではぜひ慎重にUGG選びをするようにしてください。
検索結果上位のオンラインショップも安心できません

以上、オークションサイトでの注意点をあげましたが、 Googleなどの検索結果に上位表示されるようなオンラインショップなら安心かといえば、そうではありません。検索サイト運営側は内容の信頼性を事前に審査はしていませんので、偽物を販売しているショップでも、メーカーから正式なクレームが来るまでは、検索結果に堂々と表示されてしまっているのが実情です。これはAdwordsなどの広告表示システムや、課金登録制のストアのような場所でも同様です。

それではどうやって偽物を取り扱っているショップを見分けるかということですが、まず「特定商取引法に基づく表記」(販売業者名称、責任者名、所在地、連絡先など)が掲載されてないショップは、そもそも法令違反であり信用しない方が良いかと思います。また、偽物ショップは消えては現れを繰り返しているため、サイトの作りが簡素なことが多いです。たとえば価格の単位が日本円なのに、小数点以下第2位まで表示があるなどです。こういった特徴があるならば、購入は避けたほうが賢明です。正規販売店かどうかを知りたい場合は、メーカーに直接確認を取るのも良い方法かもしれません。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-27 11:40 | UGG
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line