UGGオーストラリアのご紹介

日本でUGGと言えば、UGG(R)Austrariaをさすことがほとんどです。
ところが、オーストラリア国内では、シープスキンを使っているものは全てアグブーツと呼ばれます。
オーストラリア国内には、アグブーツを製造して販売している会社がいくつもあります。
EMU、Jumbo Ugg Boots、UGG Ausutralia(TM)、Australia Love Collectiveなどなど。。
最近は、EMUやJumbo Ugg Bootsなどは、日本でも知られるようになってきているようです。

UGG(R)Austrariaは、元々、オーストラリア人のブライアン・スミスが、1979年にアメリカで創設した会社です。
その会社をアメリカのデッカーズ社が買収したのが、1995年。
そして、1999年には、デッカーズ社が、「UGG」という名称を商標登録しようとしました。
アメリカやヨーロッパでは、「UGG」は商標権を獲得しましたが、オーストラリアでは、他のメーカーが多くの訴訟を起こし、デッカーズ社の敗訴となりました。
ですから、オーストラリアでは、ブランド名にUGGが入っている会社が数多く存在していますが、これは違法にはならないのです。

私は、オーストラリアの東海岸、クイーンズランド州に住んでいます。
先日、MYERという有名デパートのシューズ売り場に行くと、並んでいたのはAUSTRALIAN MADEのタグがついたシープスキンブーツでした。
アメリカのUGG(R)Austrariaの商品は陳列されていませんでした。
オーストラリア国内では、UGG(R)Austrariaはそれほどポピュラーではないようです。

混乱しやすいので、UGGブーツには、オーストラリア系とアメリカ系、2種類があると考えた方がわかりやすいでしょう。
オーストラリア系はオーストラリア製、アメリカ系のUGG(R)Austrariaは中国製です。
ブランド志向が強い日本では、アメリカ系のUGG(R)Austrariaだけを本物とみなす傾向もあるようです。
しかしながら、本物のシープスキンで作られているアグブーツなら、オーストラリア系の他のメーカーのブーツもまた、確かに本物なのです。
UGG® アグ正規海外通販 UGG最安値販売サイト 「ari-zin」
[PR]

by ugg2011 | 2011-09-16 10:57 | UGG
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line