UGGのお手入れ方法

UGGのお手入れで大切なことは、まず初めに保護スプレーをかけることです。UGGを長く履くためには、最初が大事です。

購入直後に市販の保護スプレーで良いので、ブーツ全体にかけて下さいね。

そうすれば、汚れや水、油などをはじいてくれるようになります。

UGGのメーカーが専用のお手入れキットを出しているので、それを利用しても良いです。メーカー専用だと安心ですね。

ちなみに、スプレータイプをおすすめします。クリームですと万遍なくムラなく塗るのは難しいです。アウトドアタイプのUGGには最初から防水加工がされているので、保護スプレーは必要ありません。購入時にきちんと確認して下さいね。

UGGは機能性が高いのでムレることはないと思いますが、脱いだ後は風通しが良い場所で、陰干しをすると、雑菌の繁殖を抑えることができます。これはUGGのムートンブーツだけでなく、ブーツ系全部に言えることです。

UGGに使用されているシープスキン(ムートン)は水に強い素材ですが、雨の日は避けるのが無難です。雨の日は泥が跳ねて付着しやすく、この泥がシミの原因になってしまうからです。

履いた後にこまめにブラッシングすると長持ちします。

ブラシはなるべく毛の柔らかいもので、馬毛や豚毛などの天然の毛を使用した、スエード用もしくはヌバック用のものがおすすめです。

ブラッシングの仕方ですが、毛並みにそって一定の方向へブラッシングをかけて下さい。こまめにブラッシングすることが長持ちの秘訣です。

万が一汚れた場合は水洗いをして下さい。UGGは水洗いOKです。

きれいな水とスエードまたはヌバック用のスポンジ、クリーナーを使用して、手洗いでゆっくり優しく汚れを落としてください。

クリーナーは直接シープスキン(ムートン)に付けないで、定められた割合の水で薄めてから使って下さいね。

汚れが落ちたら十分に水ですすいで、陰干しをして下さい。直射日光やドライヤーは毛を痛めてしまう可能性があります。

乾燥後はブラッシングで毛並みを綺麗に整えて下さい。

UGGを洗う時の注意点。普段使用する洗濯用洗剤を使用しないこと。強くこすらないことです。

お手入れはマメに、そして優しく丁寧にして下さい。

そうすればきっとあなたのUGGは長持ちします。
[PR]

by ugg2011 | 2011-09-29 10:52 | UGG
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line