<   2011年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧


偽物UGGの見分け方:価格の違いで見分ける

偽物UGGの仕入れ価格

偽物の卸し売りをしている業者さんが中国などに多く存在しますが、そのようなところでは皮毛一体の偽物でも大体2,000円~3,000円から手に入ります。そのため7,000円~8,000円で売れば十分に利益が出ているのですね。一言で言えば「おいしい商売」になりますので、日本でも偽物の販売があとを絶ちません。

値段が低すぎるUGGは要注意

日本へ輸入する際に本物の革靴には関税が一足あたり最低4,300円かかります。これはWTOが定めているものでUGGも例外ではありません。一定の条件を満たした業者さんには割引制度もありますが、それでも2,000~3,000円は課税されます。

関税率について - JETRO 日本貿易振興機構

さらに海外からの送料に加えて、安い商品ではありませんので保険もかけるでしょう。もちろん利益も乗せなければなりません。たとえ現在(2010年8月)のような円高の状況であってもUGGブランドのクラシックショートで2万円を切って正規の新品が買えることはまずないと思います。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-29 12:09 | UGG

偽物UGGの見分け方-素材の違いで見分ける

「ムートンブーツ」でも素材の表記は必ず確認

「ムートン」はフランス語で「羊毛」を意味しますので、本来「ムートンブーツ」=「UGG」となるはずですが、日本では「ムートンブーツ」というとなぜか「UGGのような見た目のフェイク品」まで含んでいる場合があります。そのため名前だけで正規のUGG(シープスキン100%のブーツ)かどうか判断せず、素材をきちんと確認するようにしましょう。
羊毛と羊皮が一体なのは当たり前

本物のUGGアグの基本的な特徴は羊毛と羊皮が一体であることです。なぜなら羊の毛は羊の体から生えているからです(当たり前ですが…)。ボアと皮をひっぱってみて隙間が開くようなものは、豚皮や合成皮革と合成繊維などのボアを接着しただけのフェイク品でしょう。もし隙間が確認できなくても、箱を開けたときに接着剤の臭いがするような場合は要注意です。ただし、現在は偽物も皮毛一体が当たり前になっていますので、これだけで本物かどうか判断はしないで下さい。

臭いや着色について

本物は基本的に無臭ですが、偽物は箱を開けたときにペンキや薬品のような臭いがすることがあります。また、偽物は履くと足に色が付くことがあります。ただ、脱色については本物でもコンディションによって起きることがあるそうです(メーカーのサポートセンターに確認済み)。
可能なら自分の手と目で確認

正規品は下の画像のように毛が細く、長さも均一に揃い、厚みときめの細やかさが感じられます。実物を見ることができる場合には、しっかりと自分の手と目で素材の品質を確認するようにして下さい。
正規UGGアグの羊毛
本物の羊毛は焼くと灰になります

新しいUGGは縫い目部分のボアを触ると羊毛が少し抜けてきます(これは欠陥ではなく、履き始めに必ず起こる現象です)。これを火で焼いてみてください。本物は一瞬で塊になったあと、それを押して崩すと粉々の灰になります。しかし化繊でできたフェイク品は溶けるように燃えて灰にはなりません。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-29 12:05 | UGG

偽物UGGの見分け方-見た目の違い


こちらではUGGの本物と偽物を見た目の違いで見分ける方法を掲載していましたが、最近ではかなり精巧な作りの偽物も出てきているため、必ずしも参考にならない一部の記事は削除しました。ただ、明らかな粗悪品もまだまだ残っていますので、そういったものはひとまず、問題の商品や画像を下記公式サイトの画像と十分に比較してみて下さい。(色々な角度からズームをして確認ができます)

基本的なUGGアグ本物の特徴としては、少しかためのしっかりした羊毛で厚みは約1cm以上、ほぼ無臭で、箱を開けたときに接着剤の臭いがするなどということはまずありません。 2009年秋冬からはソールが太陽柄の大胆なデザインに変更されています。ソールの素材は柔軟性のあるEVAで、現在ほとんどのモデルが中国製です(ただし発送元中国は注意)。ロゴには必ず®マークが付き、箱と保証書が付属します。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-27 11:43 | UGG

偽物UGGの見分け方-ネットで購入前に見分ける

オークションサイトでUGGを買う前に

現在ネット上にはUGGブーツの偽物が大量に出回っています。写真も説明もさまざまで、何が本当なのか分からない…という方も少なくないかと思います。実物を見ることができない以上、どうしても事前にアグ偽物を100%断定することはできませんが、せめて偽物の疑いが強い商品に安易に手を出さないよう基本的なことは知っておきたいものです。
まずは出品者の評価の確認を

オークションサイトで商品を選ぶときには、まず出品者の評価を確認するようにしましょう。 Yahoo!オークションでは「非常に悪い/悪い/どちらでもない」を、楽天オークションでは「悪い/普通」を絞り込み表示してすべてのやり取りを確認します。

もちろん出品者に非のないケースもありますが、商品の品質に関するクレームが複数件ある場合はやはり問題です。悪い評価というのは、多少不満があっても報復評価を嫌がって簡単には入れないものですので、例え数件でも重視するようにしましょう。そして、出品者が発生した問題に対して誠意ある対応をしたかどうかも併せて確認しておきます。また、取引の内訳を見て落札での評価が多くあるようならば、アグ偽物業者の可能性は低いと考えてもいいと思います。
画像や説明文は信用しすぎない

オークションサイトで出品者の評価と並んで重要な判断基準となるのは画像と説明文ですが、これは盗用や虚偽の記載がいくらでもできるので、あまり信用せずに矛盾や問題点がないかをよく確認しましょう。画像については、それが実物を撮った写真ではなく、どこかのホームページから取ってきたような、きれいに加工された画像である場合には敬遠した方がよいと思います。

また説明文ですが、わざわざ偽物を「これは偽物です」といって売る人はいませんので、「100%本物」、「間違いなく正規品」とあってもそれは判断の基準にはなりません。その他の内容も基本的にはいくらでも作ることができますので信用できないのですが、日本語の誤用や程度のひどい誤字脱字がある場合には海外の偽物業者の可能性がありますので、購入は控えたいところです。
発送元中国は避けた方が無難

出品物の中には海外から商品が送られてくるものがあります。その中でも特に注意が必要なのは発送元が中国の場合です。なぜなら、現在中国には堂々とUGGの偽物をネットで販売したり、ドロップシッピングを請け負ったりしているような工場が多数あるからです。海外から来日した個人や業者が、日本のネットショップやオークションを通じて集めた注文を直接現地の偽物工場に渡し、そこから商品を直送するケースがありますので、偏見ではなく実際問題として発送元が中国の商品は避けた方が無難だと思います。

では、国内発送なら安心かというと実はそうでもなく、一度日本国内の住所に届けて、そこから再度買い手に届けている場合もあります。こうなると見分けるのは難しいですが、「在庫切れの場合は海外の営業所から発送」といった但し書きがあるものは避けた方がいいと思います。

また、最近は一部にアメリカ発送の偽物もあるそうです。偽物も生産地はほとんどが中国ですので、事前に一度アメリカに送っているんですね。本当にわざわざそんなことするの?と思われるかもしれませんが、UGGアグは日本だけではなく中国や韓国、ヨーロッパでも人気がありますし、最近は中国発送が危ないことをみんな分かってきていますので、一部の業者はコストをかけてでもアメリカ発送を売りにしようとしているのだと思います。UGG偽物業者の間でも競争があるということですね。
入札偽装や低価格に要注意。基本は「返品OK」

また、入札数が多くて注目度が高い商品は信用できると思われがちですが、それも演出されている場合があります。複数IDによる価格や入札数の吊り上げ(履歴を見ると少額ずつこまかに入札が繰り返されています)がよく行われていますので、単にみんなが入れているから、という理由での入札は避けた方が賢明です。それに別のページでも説明していますが、基本的に低価格の商品ほどリスクが高くなります。

以上のような点をすべてチェックしたあとは、「返品OK」の出品者から買うというのが、当たり前ですが大事な対策になるかと思います。いろいろと大変ですが、せっかくのお買い物で失敗しないためにも、ネットではぜひ慎重にUGG選びをするようにしてください。
検索結果上位のオンラインショップも安心できません

以上、オークションサイトでの注意点をあげましたが、 Googleなどの検索結果に上位表示されるようなオンラインショップなら安心かといえば、そうではありません。検索サイト運営側は内容の信頼性を事前に審査はしていませんので、偽物を販売しているショップでも、メーカーから正式なクレームが来るまでは、検索結果に堂々と表示されてしまっているのが実情です。これはAdwordsなどの広告表示システムや、課金登録制のストアのような場所でも同様です。

それではどうやって偽物を取り扱っているショップを見分けるかということですが、まず「特定商取引法に基づく表記」(販売業者名称、責任者名、所在地、連絡先など)が掲載されてないショップは、そもそも法令違反であり信用しない方が良いかと思います。また、偽物ショップは消えては現れを繰り返しているため、サイトの作りが簡素なことが多いです。たとえば価格の単位が日本円なのに、小数点以下第2位まで表示があるなどです。こういった特徴があるならば、購入は避けたほうが賢明です。正規販売店かどうかを知りたい場合は、メーカーに直接確認を取るのも良い方法かもしれません。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-27 11:40 | UGG

UGGのお手入れ方法-便利なお手入れグッズ紹介

UGGメーカーの公式ケアグッズ

メーカーが販売している専用のお手入れグッズを紹介します。
a0230786_11342314.jpg

[PR]

by ugg2011 | 2011-08-27 11:34 | UGG

UGGのお手入れ方法-汚れたときの対処方法

UGGの洗い方

下は洗い方の参考動画です。実際には必ずシャンプーやクリーナーの使用方法に従って洗うようにして下さい。

水洗いできれいに

汚れた場合、UGGは水洗いが可能です。清潔な冷水とスエード/ヌバック用のスポンジ、市販のクリーナーを使用して、手洗いで丁寧に汚れを落としてください。その際、クリーナーは直接UGGの上に付けるのではなく、指定の割合の水で薄めて使用してください。また、なるべくやさしくこするように心がけて、革をひっぱらないように注意しましょう。

汚れを落としたら十分にすすぎ、直射日光に当てたりドライヤーを使ったりせずに、風通しのいい場所でしっかりと陰干しします。乾いたあとはブラッシングで毛並みを整え、保護スプレーや栄養クリームなどを使用しておくとなお良いでしょう。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-26 11:56 | UGG

UGGのお手入れ方法-使用上の注意点

使用後はブラッシング

革製品全般に言えることですが、こまめにブラッシングしてあげることで非常に持ちが良くなります。ブラシは馬毛や豚毛などの天然の毛を使用した、スエード用もしくはヌバック用のものが適しています。なるべく毛の柔らかいものを選んでください。

そしてUGGの使用後に、細かい埃や砂を払うように毛並みにそって一方向へブラッシングしてあげてください。たったそれだけのことを習慣にするだけで、先々の状態は相当違ってきます。

水分について

UGGは通気性がいいのでムレることはあまりありませんが、やはり脱いだ後は風通しのいい場所で、少なくとも数時間陰干しをするようにしてください。それだけで雑菌の繁殖を抑えることができます。

天然のシープスキンは水に強い素材ですので、UGGアグは基本的に雨天でも使用できます。ただ雨の日ははねた泥が付着しやすく、汚い水はシミの原因にもなりますので、汚れを避ける意味で雨の日はなるべく履かない方が賢明でしょう。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-26 11:48 | UGG

UGGのお手入れ方法-購入直後の保護

まずは保護スプレーを

UGGはとても使い勝手のいいブーツですので利用機会も多くなります。だからこそ、まず新品のうちにきちんと保護しておくことが大切です。

購入後は市販の保護スプレーをブーツ全体に使用しましょう。これで汚れや水分、油分をはじくようになります。ちなみに各UGGメーカーも専用のお手入れキットを出していますので利用してみてもいいでしょう。

スプレーの利用方法

下の動画が参考になります。ただしこれはあくまで一例ですので、使用に際しては必ず各スプレーの使用方法の説明をよく読んで、それに従うようにして下さい。

※ Authentic UGG ブーツより。見れない場合は時間を置いて再度お試し下さい。

クリームタイプのものもありますが、ムラなく塗るのが難しいのでスプレーをおすすめします。なお、アウトドアタイプのUGGは最初から防水加工が施されているので保護スプレーは不要です。
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-26 11:45 | UGG

UGGの購入方法-発送方法について

海外からの発送方法

UGGをオークションやネットショップで購入する際に、発送元が海外であるケースは少なくありません。そんなときは紛失や破損がどうしても気になってしまいますね。安心して商品の到着を待つためにも、海外からの最適な発送方法をきちんと選びましょう。
アメリカ郵便局(USPS)

アメリカから日本へ送る場合の国際郵便サービスです。オンラインからの申し込みで5%~10%の割引もあります。
a0230786_17381197.jpg


オーストラリア郵便局

オーストラリアから日本へ送る場合の国際郵便サービスを紹介します。郵便物が雨に濡れたというような事例もありますので、水の入らないしっかりとした梱包をしてもらいましょう。
a0230786_17382064.jpg

[PR]

by ugg2011 | 2011-08-25 17:38 | UGG

link

SEO
[PR]

by ugg2011 | 2011-08-25 16:49
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line