<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ニーハイブーツの特徴

  ニーハイブーツは、脚に悩みをかかえている女性の味方です。

  膝のちょっと上までくるブーツ丈は、膝の上にお肉がついている、膝のお皿が出ているなど、少々難ありの膝まわりをカバーしてくれます。

  最近のニーハイブーツは、アグ 通販折り返してニーレングスとしてはけるものが多くでています。

  折り返してニーレングス部分にポイントがつくと、アグブーツ今度はふくらはぎの太さがカモフラージュできます。

  欠点はともかく保管場所に邪魔な所で、ふつうのブーツでも置くところに困ったり、または、玄関先で場所を取ったりするのに、 ニーハイブーツは、その長さから、もっと邪魔な存在になっています。

  でもファッションのことを考えると、そんなことは言ってられないですよね。

  ぜひとも欲しい一品です。

[PR]

by ugg2011 | 2011-10-31 15:20 | UGG

ニーハイブーツ

  ニーハイブーツ(Knee High Boots)とは、その名の通り、 Knee(ひざ)High(高い)と言う意味から、ひざより高い位置まであるブーツのことです。

  去年は結構人気があったように思います。

  見た目もおしゃれだし、UGG 通販ミニスカートなどとあわせるとバッチリです。

  見た目にはもちろんかっこいいんですが、機能的にみても、そのブーツ(アグ)の長さから、ひざ上まであるとかなり暖かいのが特徴です。

UGG
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-26 18:18 | UGG

UGGムートンを紹介

  UGGは、「ムートンブーツ」とも「シープスキンブーツ」とも言い表わされることがあります。

  ムートンはフランス語で羊を意味し、山羊も含めた羊の皮革とその素材でできた製品のことを示します。

  英語では、ムートンは、なめしたシープスキンのことです。

  つまり、ムートンもシープスキンも、どちらも羊の皮革で作られたアイテムのことですから、単なる表記上の違いです。

  また、UGGの素材の説明では、「ボア」という言葉もよく使われます。

  ボアは、襟巻きやコートの裏地・襟・袖口などに使われることが多く、毛皮や羽毛で作られたもので毛足の長いのが特徴です。

  正規品のUGG(R)Australiaのムートンブーツの素材は、シープスキン100%で、ブーツの表が羊皮、ブーツの内側が羊毛(ボア)でできています。
アグ 偽物  
ムートンやボアの特徴を知っておくと、正規品と偽造品を見分ける手がかりになります。

  私たちの体毛の下に皮膚があるように、羊も羊毛の下には羊皮があります。

  ですから、ボアと表の皮を引っ張ってみて、その間に隙間があれば、それは偽造品と考えたほうがいいです。

  この場合は、羊ではない皮(豚や牛など)に合成繊維などのボアを接着した偽物の可能性が大です。

  接着していれば、箱を開けた途端に接着剤のシンナー臭がすることもあります。

  それから、UGG(R)Australiaの正規品のムートンブーツは、アグ 偽物ボアがフワフワしていて1cmくらいの厚みがあります。

  履いた時に、ゴワゴワしたり、チクチクする場合は、UGG(R)の正規品とは考えられません。

  UGG(R)のムートンブーツのボアは、細い毛並みで長さが均一に揃っているため、ソフトな履き心地が特長です。

  さらに、UGG(R)のムートンブーツを初めて履いた時には、ボアの羊毛が少し抜けてくるはずです。

  これを火で焼くと、一瞬で塊になり、燃えカスは触れるとパラパラと簡単に崩れます。

  他の動物の毛も、同じような燃え方をしますので、残念ながら、羊毛である決め手にはなりません。

  ただし、化繊などの合成繊維は、溶けるように燃えて灰にはならないので、違いが歴然と判ります。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-25 16:37 | UGG

ショートブーツの特徴

  UGG ブーツはやっぱり蒸れて、ブーツの中がジメジメしますが、ショートブーツの場合、履き口が広かったりすると、そのジメジメ間が少しでも逃れることができます。

  デザインもいろいろあって、おしゃれであり機能的であるショートブーツ。

  素材もいろいろで、皮でもスウェード、バックスキンなんかも人気です。

  最近ニット素材のショートブーツも注目されています。

  また、太いヒールのものが多く、アグ 偽物ジョッパーブーツの流れが主流といった感じです。


  円錐形にきれいに仕上がったヒールはショートブーツの定番になりつつあるようです。

  この冬も新しいデザインのものを、一足求めてみてはいかがでしょうか。

a0230786_18412179.jpg

[PR]

by ugg2011 | 2011-10-24 18:32 | UGG

ショートブーツ

  ショートブーツも定番から新しいファッショントレンドなアイテムとして人気です。

  丈が短めのショートブーツはすっきりと履けちゃう、オススメのブーツなんです。

  ブーツにはいろいろな種類がありますが、ショートブーツは一番使い勝手がよくて、人気のブーツではないでしょうか。

  ブーツの丈が短いことで、他のブーツとは違って利点がいっぱいあります。

  まず暖かいし、ブーツを脱いだり履いたりするのが楽です。

  なにより普通の靴とアグ 偽物同じ程度にしか場所をとりません。

  暖かくなってくる季節の変わり目などにも使えるので、きっと、重宝できるブーツとなってくれます。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-19 16:27 | UGG

レインブーツの特徴

  レインブーツにもたくさんのデザインがあり、乗馬ブーツやウエスタンブーツ型のもの、ロングブーツやショートブーツ、エナメル素材のものやラバーブーツなどがあります。

  もちろんレディースだけでなくメンズやキッズもあるので、アグ 店舗家族お揃いで履くことが出来るのも嬉しい。

  子供用はデザインのかわいいレインブーツが多いので、キッズサイズを履ける女性は選んでみても良いかも知れない。

  もちろんどれも完全防水でUGG アグ雨靴としての機能は満たしているので雨に日も安心。

  ぜひお気に入りのレインブーツをを見つけて頂きたい。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-19 16:14 | UGG

レインブーツ

  レインブーツとはそのままズバリ、雨長靴のことであり、雨の日に履くのが定番の靴であったが、最近はおしゃれなレインブーツも増え、UGG ブーツ雨に日に限らず晴れた日のタウンファッションとしても利用されるアイテムになりました。

  レインブーツで人気があるのは有名ブランドから発売されているおしゃれなレインブーツに注目が集まっている。

  ヒール付きのレインブーツなども人気があるようです。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-19 16:10 | UGG

ニットブーツ

  ニットブーツとはニット素材で作られたブーツのことを指します。

  アッパー全体がニットのものや、筒部分だけニットになっているものなどがあります。

  ニットブーツは柔らかく通気性があり、UGG 通販履き心地が良いのが特徴です。

  コットン100%のニット素材の物は、ブーツを丸洗い出来るのが嬉しいです。

  ニットブーツを購入する際のポイントとして、少しサイズが小さめに作られているので、サイズを確認してから購入した方が良い。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-14 14:53 | UGG

ウエスタンブーツの特徴

  ウエスタンブーツは通常13インチくらいの高さがありデザインが豪華なものも多いため、コーディネートや選び方が難しい、着こなしが不安だ、と思われる方も多いと思います。

  そんな方には7インチ ショートウエスタンブーツがおすすめ。

  気のウエスタンブーツは通販でのアグ 通販品揃えも豊富です。

  ウエスタンブーツ専門店や激安・格安で取扱う販売店もたくさんあるので、ぜひお気に入りのウエスタンブーツを見つけて頂きたい。

  ただウエスタンブーツはしっかり修理などの手入れをして永く履くことを考えると、中古よりも新品で購入して履きこむと、UGG 通販自分の味や愛着が出て良い。

  安いものやウエスタン調ブーツなどもあるが、ぜひ本革のウエスタンブーツを手に入れてみて欲しい。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-13 15:12 | UGG

ウエスタンブーツ

  ウエスタンブーツとはカウボーイが履く乗馬用のブーツのことです。

  西部劇の影響などで流行したウエスタンファッションのブームにより、ウエスタンブーツは徐々にファッションの一部として取り入れられるようになりました。

  クリントイーストウッドなど人アグ 通販気映画俳優たちの履き方を真似したりした方も多いのではないでしょうか。

  最近ではスタッズ付きのものが多く出ていて、そのデザインも豊富になってきています。

  多くのブランドがウエスタンブーツを発売しています。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-12 14:43 | UGG
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line