UGGブランドーSHEARERS UGG

UGG発祥の地オーストラリアで最も人気があるといっても過言ではないのは実はこのブランドです。その理由は素材の品質の良さ。とりわけ1.5cmを超える羊毛のボリュームには大変定評があります。
a0230786_1271128.jpg


このブランドのUGGブーツはすべてシドニーの工房で、職人さんたちによってハンドメイドで作られています。履き心地の良さは私の知る中でもトップクラスで、質にこだわってUGGをお探しの方には非常におすすめです。また、丸みを帯びたつま先など見た目もかわいくできています。欠点をあげるとするなら、日本では未発売のため入手しにくいことと、製品の出来にややバラつきがあることでしょう。

同ブランドはミスユニバース・オーストラリアと積極的に提携しており、 2010年の代表Jesinta Campbellさんが現在広告をしています。2011年も新作のヒール付きモデルのショーにミスユニバース候補トップ10名を起用したりしています。
[PR]

# by ugg2011 | 2011-08-23 12:08

UGGブーツブランド-Love From Australia

Love From Australia(LFA)はオーストラリアのメルボルンにある小さな工房からスタートしました。デザインチームの活躍が目覚しく、そのユニークなUGGアグは英国で大ヒットすることになりました。

マーケットを広げたLFAは、エミリオ・プッチのディレクターでもあるマシュー・ウィリアムソン氏ら、イギリスやヨーロッパのデザイナーたちと次々とコラボレーションをします。そして、彼らの作った斬新なデザインのUGGは、ジェシカ・アルバなどのセレブに履かれることでより知名度を増してきました。

日本でもViVi、JJなどのファッション誌に度々登場しており、人気が高まりつつあります。ブーツの価格設定は高めですが、UGG Australiaのようなスタンダード・ブランドに満足できない人たちがLFAを選んでいるようです。
[PR]

# by ugg2011 | 2011-08-23 12:05 | UGG

UGGブーツブランド-EMU Australia

EMU Australiaはオーストラリアで非常に有名なUGGメーカーです。アメリカ、カナダやドイツにも販売拠点を持ち海外進出にも積極的です。日本のショップにも数多く出回っていますので購入は容易です。なお、EMUの発音は正式には「イーミュー」だそうです。

創設者のゴードン・ジャクソンズ氏は1970年代から、すでにサーファーたちにシープスキンを販売していました。1980年代に入るとUGG Australia社のブライアン・スミス氏のパートナーとしてアメリカにもUGGブーツを供給します。そしてUGG Australia社が他社に売却されるのを機に、自らEMU Australiaブランドを立ち上げました。

オーストラリア産のUGGブーツのなかでは価格が高い方ですが、その分ソールやかかとのタグ部分の作り等、細部にも高級感があり、しっかりとした作りになっていると思います。
[PR]

# by ugg2011 | 2011-08-20 12:44 | UGG
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line