タグ:アグ 偽物 ( 3 ) タグの人気記事


UGGムートンを紹介

  UGGは、「ムートンブーツ」とも「シープスキンブーツ」とも言い表わされることがあります。

  ムートンはフランス語で羊を意味し、山羊も含めた羊の皮革とその素材でできた製品のことを示します。

  英語では、ムートンは、なめしたシープスキンのことです。

  つまり、ムートンもシープスキンも、どちらも羊の皮革で作られたアイテムのことですから、単なる表記上の違いです。

  また、UGGの素材の説明では、「ボア」という言葉もよく使われます。

  ボアは、襟巻きやコートの裏地・襟・袖口などに使われることが多く、毛皮や羽毛で作られたもので毛足の長いのが特徴です。

  正規品のUGG(R)Australiaのムートンブーツの素材は、シープスキン100%で、ブーツの表が羊皮、ブーツの内側が羊毛(ボア)でできています。
アグ 偽物  
ムートンやボアの特徴を知っておくと、正規品と偽造品を見分ける手がかりになります。

  私たちの体毛の下に皮膚があるように、羊も羊毛の下には羊皮があります。

  ですから、ボアと表の皮を引っ張ってみて、その間に隙間があれば、それは偽造品と考えたほうがいいです。

  この場合は、羊ではない皮(豚や牛など)に合成繊維などのボアを接着した偽物の可能性が大です。

  接着していれば、箱を開けた途端に接着剤のシンナー臭がすることもあります。

  それから、UGG(R)Australiaの正規品のムートンブーツは、アグ 偽物ボアがフワフワしていて1cmくらいの厚みがあります。

  履いた時に、ゴワゴワしたり、チクチクする場合は、UGG(R)の正規品とは考えられません。

  UGG(R)のムートンブーツのボアは、細い毛並みで長さが均一に揃っているため、ソフトな履き心地が特長です。

  さらに、UGG(R)のムートンブーツを初めて履いた時には、ボアの羊毛が少し抜けてくるはずです。

  これを火で焼くと、一瞬で塊になり、燃えカスは触れるとパラパラと簡単に崩れます。

  他の動物の毛も、同じような燃え方をしますので、残念ながら、羊毛である決め手にはなりません。

  ただし、化繊などの合成繊維は、溶けるように燃えて灰にはならないので、違いが歴然と判ります。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-25 16:37 | UGG

ショートブーツの特徴

  UGG ブーツはやっぱり蒸れて、ブーツの中がジメジメしますが、ショートブーツの場合、履き口が広かったりすると、そのジメジメ間が少しでも逃れることができます。

  デザインもいろいろあって、おしゃれであり機能的であるショートブーツ。

  素材もいろいろで、皮でもスウェード、バックスキンなんかも人気です。

  最近ニット素材のショートブーツも注目されています。

  また、太いヒールのものが多く、アグ 偽物ジョッパーブーツの流れが主流といった感じです。


  円錐形にきれいに仕上がったヒールはショートブーツの定番になりつつあるようです。

  この冬も新しいデザインのものを、一足求めてみてはいかがでしょうか。

a0230786_18412179.jpg

[PR]

by ugg2011 | 2011-10-24 18:32 | UGG

ショートブーツ

  ショートブーツも定番から新しいファッショントレンドなアイテムとして人気です。

  丈が短めのショートブーツはすっきりと履けちゃう、オススメのブーツなんです。

  ブーツにはいろいろな種類がありますが、ショートブーツは一番使い勝手がよくて、人気のブーツではないでしょうか。

  ブーツの丈が短いことで、他のブーツとは違って利点がいっぱいあります。

  まず暖かいし、ブーツを脱いだり履いたりするのが楽です。

  なにより普通の靴とアグ 偽物同じ程度にしか場所をとりません。

  暖かくなってくる季節の変わり目などにも使えるので、きっと、重宝できるブーツとなってくれます。
[PR]

by ugg2011 | 2011-10-19 16:27 | UGG
line

UGG ブーツ(アグ )は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド


by ugg2011
line